粗大ゴミ

古紙回収をしてみる

粗大ゴミ

昔はリサイクルというと古紙回収のイメージがとても強いものでしたが、最近では不用品買取のイメージがとても強くなっています。ですが、もちろんまだまだ古紙回収も行なっているところはたくさんあります。古紙回収は家庭から出るものだけでなく会社や企業といったところの書類も出されることがあります。書類の場合はシュレッダーに掛けて処分をしても情報が漏れるということがありますので、リサイクルに出してものづくりに役立てられる方が良いと考えられることが多いのです。書類にある情報はちゃんとした処理機で知られないようにしっかりと処理をしてくれるので安心です。

古紙回収も買取になるのか、という疑問を持っている方はまだ大勢います。もちろん古紙回収も買取と一緒で、重さによってもらえる金額が変わってきます。ですが、中には買取ではなく処理にお金が掛かるということもあります。現に京都にあるリサイクルショップの古紙回収では破砕処理の場合は300キログラム未満で約5,000円になり、300キログラム超えになると1キロ15円の計算になります。溶解処理では400キログラム未満で約16,000円、400キログラム超えだと1キロ30円の計算になります。これは会社や企業向けのものになりますが、書類に記載されている重要な内容が漏れる事なく処理することができますのでとても便利なサービスと言えます。たくさんある書類の処理に困ってしまった場合にはサービスを利用してみることがベストです。